テニスのコツ☆

☆趣味☆

・ショートラリーする時は…後ろまで大きく振らないことが続くコツ♪

普通のラリーをする時は…長く打たないと続かない。長く打つ。

・ラケットの面は下向き

・フォアハンドストロークの時だけ、置いて握る、厚く握る

・サーブの時は包丁持ち→手のひら下→左→ラストの手首は親指が下
ボールは頭の右上にトス

・ボレーの右の時は足は右左ボレーの左の時は足は左右

・サーブの時は包丁持ち→持ち上げた後に打つときは上腕筋を使ってラケットの面を横に。

・左からのサーブの時は身体を横に向けて肩幅位の脚幅で右足を左足より後ろに引く❤

・サーブの時はあまり前でなく、頭の右にあげる。

・ボレーの時のラケットの面は上向きで。ボールが横に来るまで待つ。

・ストロークの時の面の向きは下向き。

・スマッシュの時は面を後ろにおとさない。

・ストロークの時、ラケットは…早く引いておいて、一度下げて打ちあげる。

・右からのサーブの時も、体は横向き。
右足はほぼ真横。

・フォアの握りは…親指中指❤

・下がる!とにかく…下がる(笑)

あまり前にいると、打つ時に踏み込めない。線の後ろまで下がって構えててもよい。

・ボレーの時はラケットは面を少し上向き。

・サーブの時は左足はコートに向けて平行。左手は伸ばした形で前に上げて球上げ。打った後、右足が自然に左足より前に行く形で体重移動❤

・サーブの後は歩いてもいい


・サーブの時はうまくトスを上げれてたら、ボールはコート内に落ちるはず


・サーブを打った後は、線を越えてもいい


・両手バックハンドの時は、左手を伸ばして打ち、ラケットを肩に担ぐ

・打点は前。その時のラケットは地面に直角。そのまま後ろに引いてみると、テイクバックの時の構えがわかる。

・かする時はラケットがかぶっている。伸びない時は面を上向けるのではなく、ラケットを下げて打つか、膝を曲げる。

・スマッシュの時はまずおへそを横。打点は少し前。サーブの時は打点は頭上

・サーブの時は横を向き、斜め左前から脚に向かって手を下ろし、次に前に手を上げ、手首や肘、指を使わずに、肩で上げ、離し、右手ラケットを伸ばした打点より上に行くように球を上げる。

体重移動は…前→後ろ→全体(膝を曲げるというか伸びる)→前  ※球を上げた時に膝を曲げる(溜めになる)

・ラケットは厚みがある方が良く飛ぶ

・ボレーの時は真ん中で構える際、ちょっとバック寄りに傾ける

・フォアの時は、膝を曲げ、右脚股関節を内側に。そして、膝を伸ばしながら右斜め前に向かって伸びる。そして…ラケットのグリップ先から体を使って振り抜く。

・良い音が出ない時は、ラケットがかぶさっている時。また山なりボールの時はラケットの面が上を向いている時。

・人間、体をまわすと腕が上を向くような仕組みに。ラケットは真後ろまで引き、ラケットは立て、手首を下に向けているとちょうど良い。

・フォアの際、左手は伸ばして体の真ん前に。そこより内側に球が来てる時は近過ぎ。手を前にだしていると身体は回りやすい。

・サーブの時は膝は曲げない。ラケットは真後ろまで引いて立てる。(あっ!フォアと一緒だ(笑))そして…肩甲骨を寄せるようにしながら(トロフィーポーズ)、その後に…ラケットを縦から横にして振り抜く。

・前で球をとらえるため、待たないで打つ

・ラケットの真ん中でなく、先で打つ

・フォアの時、ラケットは左にではなく、前に手を伸ばす。ラケットの先が左を向くから左に行く。

・打ったらポジションにすぐ戻る

・審判なしの試合の場合、アウトでも触った時点でインとみなし、ゲームは続行する。

・ボレーの時は包丁持ち。持ち手の左側のラインに指の付け根を合わせる。

・バックの時は右肩にあごを寄せる

・ストロークの時は、身体をひねり腰を前に向けるのが若干先で、腕は後から。

・打つ瞬間、ラケットをギュッと握る。

・優しい球を強く打つのは難しく、短くなることがある。

・飛ばしたい方にまずグリップの先のマークを向ける。

・押し出すより、振り切る。

・バックの時は左足でボールに近付くのではなく、右足を前に踏み込んで近付く。フォアも逆で同じ。

・男性は速いサーブを打とうと上から下に向かってサーブを打ちがちだが、下から上に向けて打つとサーブは入りやすい。

・試合の時は中央に寄り過ぎない。サイドがあいて、狙われる。

・サーブを受ける時はあまり後ろに下がり過ぎない。

・前衛で打つ時は…あまり大きく強く打つと、オーバーする。ボレーの気持ちで。スマッシュの時は…二歩ほど前に行かないとネットしやすい。

・前衛で守っている時に後衛の人が自分の後ろに来た時は、横に動く。次に後衛の人が横に動くまで、前衛はその位置。

・サーブの時は息を吐きながら。身体を腰からひねるイメージにて。

・ボレー…最初は脇を開いて構え、打った時は脇を閉じる。

・試合をする時は相手のラケットの面、ラケットの動き、音を聞き、どこにどんな玉が来るか推測する。

・2~3センチ押すイメージ😊

・前衛の時はいつもよりもう2步ほど前に😊

・手首は打点、振り抜いた後も下に。曲げたまま。

・軸足を大切に❤️

・スプリットステップは脚を横に広げる。

相手がラケットを振りだす時に。

・脚は開いて打つと、踏ん張れるため手打ちになりにくい😊
球がバウンドする前にラケットは引いておく🎵

・スタンス広く。
早めに動いて、早めにラケットを引き、早めに打つ(笑)
私は横で打ちがちなので、打点は前に😊

・スマッシュの時は手を真上に伸ばす。
横を向き、ちょっと後ろから、前で打つ。
球のちょっと左側に。

・ボレーは手を引き過ぎない。前に。

・ストロークは二の腕に力を入れる。

・球の方向に肘を向けて振り切る。

・サーブは薬指小指の力を抜いて、残り3本に力を入れるとラケットが速く立ちやすい。

下にあんまり弧を描かず…横にすっと。

・サーブの球は肩越しにみる。

若干左に上げて、手は上にまっすぐピンと伸ばしたままで壁をつくる。

・左腰に体重。パワーをためる。腰は線を越える。

打った後に線を踏んでも越えてもいい。

・ストロークの時は…打点の時、身体はもう前を向いている。

そうでなければ球を抱え込む。

・手のひらを上に向けた状態で、肘をつけて、この角度でボレーする。
・ストロークの時は2バウンド位後ろ。
・打つ前は横、打つ時は前を向く

・バックの時は右肩を入れる

・斜め前へはストレートに行かずに膨らんで打つ。

・ボレーとボレーの間は繋がるように❤️

・ストロークの時は思いっきり身体をひねって、後ろに前の洋服が見えるほどにひねって打つ。
そんなにひねるんだー😲とびっくりしたけど、同じ力でもすごく飛んでびっくりした😲
身体も自然に回転して。
腰も自然と低くなったり😲

・走って行って、小刻みに足を何回か動かしてしっかり止まりながら距離を合わせる。
そんなステップ…人生になかった(笑)

・打つ方の手は力を抜いてて。軽く添える程度。

・私のサーブは包丁握りなんだけど厚さがある握り方で。
縦に…という手の形を毎回変わらずやるには不自然で難し過ぎて。
斜めを意識して、最後に横にして普通に打てば良い。
🍀🍀🍀
薄い握りだと普通に縦になる。
肘をもう少し上げて、ヘッドをもう少し下げる。
薄い握りの人は頭上で、厚い握りの人は前に打点を。
🍀🍀
スマッシュの時は…左に流れ過ぎない。
ボレーの時はヘッドは寝かせなくて打った後に…ぐにゅっと球に沿わせて(笑)
面は上に向けたまま(笑)
🍀🍀
フォアの時は肩の延長線より後ろにラケットが行かなければ、後ろに行ってるように見えてもOK。
胸を後ろに
🍀🍀

バックの時はフォアの時ほど後ろに胸を向けなくてよい。

🍀🍀🍀

ボレーは肘を伸ばしてしまわない。
スマッシュはもう少しだけタイミング遅く。
サーブは最初の肘はそんなに高くなくてよくて。
肘を上げて…肘を残す。
まえでなく上に投げるイメージ。

🍀🍀🍀🍀

・片足に体重をかけ過ぎない
・フォロースルーをコンパクトに
・当たった時はラケットは90度ではない
・当たった時、肘は伸びきっていない。
腕が前にでなくなった後にフォロースルー
・打点までのスピードを身体のひねりを使って大切に
・高低関係なく、肩を後ろに下げ、肘を曲げ同じフォーム
・身体を回し過ぎない
・サーブの打点時はラケットは横
・サーブの時、身体は横で、うち終わった後に若干前

🍀🍀🍀

・ラリーの時は左手でラケットを支えておく。
そうしないと、打つときに右手に力が入る。
・サーブの時は右肩下げて、打つ時は左肩下げる。
肩の上というより、右側で打つ。
打つためには、横を向いてないといけない。
・打つ時は止まって打つ

🍀🍀🍀

今日は股関節のテニス指導がたくさん。
お尻の筋肉が伸びてる感じで股関節を使う。
🍀🍀
体重は軸足にかけるけど、全てを移動させてしまわない。
🍀🍀
フォアストロークの時、身体を横に向けずに打つ練習😄
右足をネットと平行にはしない。
膝が足の爪先より前に出ない。
※なんかヨガみたい(笑)
🍀🍀🍀
身体を回す。
後ろに引いた時は手を固定しているけど、回し始めたら手首を意識し過ぎない。
打点の少し前位から手首を返してフォロースルー。
※45度のところ位が打点な感じ
🍀🍀🍀
打点が後ろ過ぎると、無理やり手首を返さないといけなくなり、不自然な手首になり、詰まった感じに。
目は弾のところを見たまま。
🍀🍀
この型…想像もしてない型過ぎてびっくり(笑)

脚を開いて前を向いて打つ練習😊
踏み込まない。
打った後に両足で飛んで戻る😊
打つ時に…重心を片足、後ろにかける練習😊
🍀🍀
サーブは…
手のひらを自分に向けて後ろへ。
※で…ないと飛ばないらしく。
私…手の甲が自分にむいてて。
だからとばなかったんだーと思った(笑)
🍀🍀🍀
後ろに引いた時はラケットは立ってる。
ラケットを薄く握ると自然と打つ面が上に来てる。
肘は上がったままで、打ち終わるまで動かさない、下げない😊

🍀🍀
強いポレーは身体を後ろから回転させて。
腕は後からついていく。
ストロークもポレーも振り抜く。
バックボレーの時はラケットを立てて下に。
🍀🍀
サーブもボレーもスマッシュも…
右肩下がって、打つ時は左肩が下がってると思った😊
🍀🍀

・ドライブボレーは体をターンして、股関節を大切に❤️
・小刻みに動いて、最後の微調節。
確かに…ラリーが続いた(笑)
でも続き過ぎて息切れが半端なかった(笑)
・サーブのトスは少し前に。
・打つ時は肘は伸びている。

🍀🍀🍀

・ボレーはラケットの面を傾けて…下からでなく横から。
・フォアストロークは身体の次に腕がついてくる。
・ポーチボレーは走って来て、ラリーの球を奪うボレー。背中をネットに向けるほどにひねる。

・サーブは トスの時に下げた右肩と左肩を入れ替えるイメージで打つ時は左肩を下げる。
左腕を最初は上に伸ばしておき、打つ時は脇にたたむイメージで。
左の手の指が右の脇腹から見える感じで。
打った時は…左肩、右肩、右腕が一直線になり、肘が伸びた状態で球をとらえる。

🍀🍀🍀

・腰を回すのが先、腕が着いてくる。
打点のところまでは腕、手首は固定なイメージ🌟ぶらさない。
🍀🍀
・ボレーも上腕、肩、胸まわりの筋肉を使う。
力が入るようにするためにも肘を曲げる。
🍀🍀
・サーブは打つときの手首を作り、
最初、後ろ、打つ時…と同じ形😊
ラケットは立ってる。
後ろの時の肘は形のライン、腕は90度。
・肘から上がり、打つ時は肘は伸びてる。
・ある程度ラケット薄く持ち、球の右上を叩く。
ラケットは逆くの字に。
手首は正面向く必要なし。
ラケットを背負うのは一瞬。
🍀🍀

今日のテニスで教えてもらった…サーブのラスト。
わかったー\(^^)/

昼から何度もスローで練習してたんだけど。 手首の形が、構えた時、後ろに引いた時、打つ時…全部同じ形。 🍀🍀 だから…最後の手首のひねりはいらず、ラケットを逆くの字。 これで…横でなく、右上をこするサーブになるんだー\(^^)/
🍀🍀
みんな横をこすっているらしく。
前のコーチは球の前面をこするサーブをしてると行ってたから…
多分そうかも❤️
🍀🍀
手首をその時に作ろうとするのは大変で。
形を作ると手首や肩を痛めるので自然な形…と。
🍀🍀
プロネーション(ひねり)をしなくて良いと。
そーだ\(^_^)/
それ…忘れてた(笑)
今日…プロネーションという言葉を覚えた(笑)

🍀🍀🍀

相手からの攻撃の時の前衛は、
ファーストはボックスの右角、
セカンドはもう少し左前に。
🍀🍀
自分の攻撃の時の前衛は前寄りボックスの三分の一ほどに。
球と一緒に左右に動く。

🍀🍀🍀

・オープンスタンスでは、一度ラケットに手を合わせて、右後ろへ。
打つ時の左手は斜め前😊
・ショートラリーでは、後ろに引き過ぎない。
視界にラケット。
・ボレーもラケット…視界に。
右は右斜め。肘固定。
・サーブは、トスを上げた時には肘は上へ。

🍀🍀🍀

・フォアは…打つ時は身体は前。
もう少し前でとらえる。
・サーブの右手を引く時は弓を斜め上に打つイメージで。
※親指と小指の付け根でラケット、支えられる。面はコートを向いている。

🍀🍀🍀

・フォアストロークの時は、右のラケットを下げ始める位のタイミングで、左手を畳む。
左手の平はコート向き寄り。自分に向かない。
右肘は下げすぎない。
・ボレーはラケットは自分の見えるところに。
踏み込み→打つ→もう片足。
ため、粘りってことかな?
・サーブの時の右手首は首に近く。

🍀🍀🍀

・身体をターンする時は腰を回すことをイメージするか、膝を前に向けることをイメージ
・低いボレーはひっかけるイメージ
肘を曲げて、手を外から内に。
・ボレーの踏み込み足は出来たら横でなく、前に。身体が起きてる。
・ストロークの時はラケットを返す
・フォアストロークの時は、前でとらえることを意識すると、振りだす時はもう身体は斜めをむいている。
・サーブの時は右の肘があがる。

🍀🍀🍀

・打点を前に
・フォアの時は膝を前に向けるイメージで
・バックの時は前を向きすぎない
・ボレーの時は後ろには振らず、前への距離でコントロール
・手前に落とす時はほとんど脱力。
ラケットが倒れるほどに。
・サーブの時は手首を首にやって肘を上げる

🍀🍀🍀

・ボレーの時もストロークの時も前でとらえる❤️
・ボレーの時は踏み込んで、一歩前に出る。
・バックハンドのストロークの時は体は横。前を向きすぎない。
・ボレーはラケットを後ろに寝かせて、下に下げて打つ。

🍀🍀🍀

ボレーの時は手だけを引くのではなく、身体を斜めにして、手を角度的にあまり引かない。
その方が距離が短いため、戻りが早い🎵
🍀🍀
手だけでなく、身体を回すと、振った時にぶれない。
🍀🍀

🍀🍀
・ボレーの後に止まらず歩く
・ロングボレーはボレーの後に少し前に押し出す
🍀🍀🍀
・股関節の動きを大切に
・サーブの時の手首は若干逆くの字。
打った後に下げるのではなく、軽く弧を描くようにフォロースルー
🍀🍀🍀
・左肩は下げすぎない(笑)
下げることを意識し過ぎて、肩ばかりが下がってるらしい(笑)
手を伸ばすイメージで自然と左肩を下げる。
🍀🍀🍀
打点前…と共に、打つ時の肘は若干前。
最初は後ろでもいいけど、打つ時は前😊
身体は前に向ける。
🍀🍀🍀

サーブのトスは顎でボールを離す。手はそのまま上へ。

最初にサイドステップを入れて動く。

🍀🍀

回転する時は膝が前に

体重は前の足にかけ過ぎない

🍀🍀
サーブをする時はちょっと内側でうつ😊
これが…出来てびっくり(笑)
そして、ラケットを立てるのを速く。

🍀🍀
🌸ストロークを打った後は、後ろ足は回転。足先のみに。
🌸ボレーの時は球と手の位置を同じ高さにして、ヘッドからでなく、そのまま正面までラケットを動かす。


🍀🍀🍀
🌸スマッシュは斜め前でとらえる。

🍀🍀
🌸ボレーは待つボレーなのか、詰めるボレーなのか
🌸ストロークは膝を使って、下から上にラケットを。
※スピンをかけるってなんですか?と聞いたら…普通に打ったらかかると(笑)
かかってるらしい(笑)
🍀🍀
🌸構えを速く
🌸足を止めて打つ
🌸ボレーは球にラケットの手をあわせて、上から

🍀🍀🍀

また書きます☆

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました